« ポセイドン | トップページ | 映画「300」と「歴史」-映画ネタバレあり »

2007年6月24日 (日)

300観てきました

映画「300」を観てまいりました。

「300」といえばペルシア戦争でございます。そしてペルシア戦争といえばヘロドトスでございます。そしてこのブログの名前「HISTORIAE/歴史(元々の意味はQUEST/探求)」はここから取ったものでございます。

という事で映画を観終わった後「ブログ更新せにゃ」と思った次第で、3日坊主どころか、1年ぶりの再開でございます。(その間にBに落ちてるし・・・あちらも近々更新します)。

この映画、イラン人が怒ってるの、アメリカ礼賛だの、いろいろ言われていましたが、

「元は漫画だし、別に誇張があってもいいんじゃないの?」

というのが、私の感想です。誇張された歴史が怖くて、王家の紋章が読めるかー!(笑)。

「トロイ」は真面目に作りすぎて、英雄譚(ヒーロー物)としての面白さが飛んでっちゃったんですが、「300」はその辺り分かってる! 監督逆にして欲しかったかも。どっちかって言うと、トロイア戦争の方が筋肉祭りでしょ?

といっても「300」は史実がベースになってますので、クセルクセス(超イケメンですね。今回の映画の一番のお気に入り)の背の高さなどはありえないとしても、ストーリーの流れ自体は史実から外れていません。

そして意外とヘロドトスが元になってるシーンがあちこちにありました。井戸とか、井戸とか、井戸とか。これ以上はネタバレになりますので分けます。

(ところでこれアメリカ礼賛なんて言われてますが、数と最新兵器頼み=アメリカ、信条のためなら死をも恐れず=自爆テロ の方が近いと思う・・・)

|

« ポセイドン | トップページ | 映画「300」と「歴史」-映画ネタバレあり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182316/15537159

この記事へのトラックバック一覧です: 300観てきました:

« ポセイドン | トップページ | 映画「300」と「歴史」-映画ネタバレあり »