« 300観てきました | トップページ | 映画「300」と「歴史」パート2-映画ネタバレあり »

2007年6月24日 (日)

映画「300」と「歴史」-映画ネタバレあり

映画「300」の中で、ヘロドトス「歴史」と共通するもの、あるいは参考にしたと思われるもの。
「歴史」は松平千秋氏訳(岩波文庫)を参照しています。

「ペルシャ人がアフリカ系」
ペルシア軍には、エチオピア人が参加していました。
まあ映画は、インド人を含めたとしても割合が高すぎるとは思いますが。

「不死部隊(アタナトイ)」
忍者装束とか本当に不死とかではありませんが、こういう名前の部隊はありました。
一万人のペルシア精鋭部隊で、隊員が欠けてもすぐ補充されるので、
いつまで経っても減らないことから「不死・不滅」と呼ばれたらしい。

「クセルクセス王のゴージャスアクセサリー」
ペルシア人の装備は豪奢で、おびただしい金製品を身に着けていたそうです。

大阪で7月より開催のペルシャ文明展で、アケメネス朝の金製品の実物をみることができます。(私は去年上野まで見に行きました)。

http://www.asahi.com/persia/intro/index.html

この映画が変に現代の世界情勢と結び付けたがるのは、ここの主催のせい・・・て事は考え過ぎだよね。

「戦場のお姉様方」
ペルシア軍は幌馬車に美しく着飾った妾婢多数を載せて同行したそうです。

今晩はとりあえず以上。

|

« 300観てきました | トップページ | 映画「300」と「歴史」パート2-映画ネタバレあり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182316/15538133

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「300」と「歴史」-映画ネタバレあり:

« 300観てきました | トップページ | 映画「300」と「歴史」パート2-映画ネタバレあり »