2007年7月 3日 (火)

映画「300」と「歴史」パート2-映画ネタバレあり

続きです。

「使者と井戸の話」
クセルクセス王は土と水をペルシア王に献じることによって屈服するよう求める使節を、アテネとスパルタを『除く』ギリシア諸国に出してます。
クセルクセスがスパルタに対して、水と土を求める使者を送らなかったのは、ペルシアの前王ダレイオスが同じ内容の使者を送ったとき、スパルタ人が使者を「そこから水と土を持っていけ」と井戸に落として殺害したため。
(アテネ人も使者を処刑坑に突き落とした)

さすがに使者をぶち殺すという野蛮な行為には使者の神様が怒ったらしく、その事件の後、占いでろくな結果が出なかったため、スパルタから二人の名門出の青年が、遥々ペルシアへと詫びに出されました。

青年2人は旅の途中、ペルシアの軍司令官ヒュダルネスから宴のもてなしを受けます。
その席でヒュダルネスが、
「何故スパルタはペルシアと友好を結ばないのか?私の地位を見れば明らかなように、ペルシア王は優秀な人材を重用する方なので、王に従えばギリシアを支配する事もできる」
と訊ねると、二人は
「あなたは奴隷であることがどういうことかはご存知だが、自由が快いものかどうかを身をもって体験していない。
一度自由を味わったら、自由のためには槍だけではない、手斧を持って戦えとわれらにお勧めになるに違いない」
と答えます。

さて二人がスサ(ペルシアの都)に着き、クセルクセス王に謁見を求めました。
警護兵が二人に土下座を強要したとき、二人は
「我が国には人間に拝礼する慣習はなく、自分達はそのために来たのではない」
と拒絶し、クセルクセス王に使者殺害の償いをしに来たと伝えました。
王は度量の広さを示して、自分は(使者殺害という国際間の慣習を破った)スパルタ人と同じ事はしないと言い、二人は無事スパルタへ帰国することができました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

300観てきました

映画「300」を観てまいりました。

「300」といえばペルシア戦争でございます。そしてペルシア戦争といえばヘロドトスでございます。そしてこのブログの名前「HISTORIAE/歴史(元々の意味はQUEST/探求)」はここから取ったものでございます。

という事で映画を観終わった後「ブログ更新せにゃ」と思った次第で、3日坊主どころか、1年ぶりの再開でございます。(その間にBに落ちてるし・・・あちらも近々更新します)。

この映画、イラン人が怒ってるの、アメリカ礼賛だの、いろいろ言われていましたが、

「元は漫画だし、別に誇張があってもいいんじゃないの?」

というのが、私の感想です。誇張された歴史が怖くて、王家の紋章が読めるかー!(笑)。

「トロイ」は真面目に作りすぎて、英雄譚(ヒーロー物)としての面白さが飛んでっちゃったんですが、「300」はその辺り分かってる! 監督逆にして欲しかったかも。どっちかって言うと、トロイア戦争の方が筋肉祭りでしょ?

といっても「300」は史実がベースになってますので、クセルクセス(超イケメンですね。今回の映画の一番のお気に入り)の背の高さなどはありえないとしても、ストーリーの流れ自体は史実から外れていません。

そして意外とヘロドトスが元になってるシーンがあちこちにありました。井戸とか、井戸とか、井戸とか。これ以上はネタバレになりますので分けます。

(ところでこれアメリカ礼賛なんて言われてますが、数と最新兵器頼み=アメリカ、信条のためなら死をも恐れず=自爆テロ の方が近いと思う・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

ポセイドン

昔々小学生ぐらいの時、テレビの洋画劇場で「大地震」とか「タワーリング・インフェルノ」とか、パニック映画を恐々と、でも結構喜んで観てました。(エアポートシリーズも好き)。

そんな懐かしのパニック映画の一つ「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイク作品、「ポセイドン」を観にいってきました。さすがに公開から既に1ヶ月経ってましたのでシネコンの小さいスクリーンに移ってましたが、やっぱこの手の映画はいくらスクリーンは小さくてもTV画面よりは大きな映画館で観た方が良いですね。

さて感想ですが、面白いことは面白いんですが(結構時間が短く感じられた)、でもなんか残るものがない。人物描写が薄い。こういう所はさすが監督があの「トロイ」のヴォルフガング・ペーターゼンだなあと(笑:参照

旧作観てるのでオチまで知ってるというのもあるんですが、話があっさり進みすぎる。問題にぶち当たってもさっくり解決してしまうので、なんか超初心者モードでアドベンチャーゲームをやってるような感じです。その割にはいろいろ死ぬし。もっと問題の難易度を高くして、死ぬ人に見せ場をちゃんと作ってあげてください。

それ以前に、旧作をわざわざ大金かけてリメイクする意味あったんだろうか?客船も豪華になったり、CGを使って見栄えを良くはしてるんだろうけど、水の迫ってくる怖さって旧作の方がはるかに大きかった気がする。

ところで、「オペラ座の怪人」のクリスティーヌ役のエミー・ロッサムが出ていたのですが、彼女の彼氏の役名がクリス。「クリス」と誰かが言うたび、思わずエミー・ロッサムの方を思い浮かべてしまって、しばしば頭が混乱。

| | コメント (0) | トラックバック (0)