2006年7月 9日 (日)

ワールドカップ

結局更新サボってしまいました。

さてW杯もいよいよ決勝戦の日となりました。開催前に私はイタリア優勝と予想してたんですが、あと一歩で当たりそう(ふふふ)。

カンナやブッフォンやら、ユーヴェの選手が(モッジスキャンダルのせいか)気合入ってますね。あとグロッソとかビッグクラブの選手だけでなく、プロビンチャの選手が結果出してるのがいいですね。現キエーヴォの選手こそいませんが、元キエーヴォのペロッタやバルザーリが頑張ってるのが嬉しいです(敗退しましたがガーナのメンサーもブラジル相手に得点かというシーンがあり、ほんとサルトリさんはいい選手を揃えてくれて、デルネリさんは良く育ててくれたんだなーと)。あとガッちゃん、プレーもパフォーマンスも最高(笑)

ドイツには今回優勝は望んではなく、ただグループリーグ突破を、可能ならベスト8を望んでいました。だから3位という結果で満足。試合後選手もいい顔してました。

そして監督他の笑顔。

http://de.sports.yahoo.com/060708/27/8q2x.html

98年にベスト8で敗退した時、レヴさんを除く3人の落胆した顔がずっと心の奥に引っかかって残ってたので、なんか8年ぶりにやっとその引っ掛かりが取れた気分です。

そしてここ2年間、この監督’sの動向が気が気でなかったので(3月のアメリカとの親善試合を見に行った時には、これに負けたらクリンシ監督は見納めだと本気で思ってました)、ブーイングではなく歓声で終わってほっとしてます。ドイツ本国では続投を望む声が多いようですが(3月のイタリア戦後が嘘のようだ)、ファンとしては引き続き見たい気持ちと、頂点で身を引いて欲しいという気持ちが半々・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)